愛知県北名古屋市の歯科(歯医者さん)えきまえ歯科です。マウスピース矯正の案内。治療費、料金等ご相談受付中。

マウスピース矯正

マウスピース矯正(クリアアライナー/アクアライナー)

透明の硬質プラスチック製で取り外しのできるマウスピース型の矯正装置です。金属ワイヤー、金属ブラケットを使用しない次世代の矯正装置です。開発元は米国です。
装着していても目立たず、食事中は外して食事が取れるので歯ブラシが楽です。
治療目標を達成するまで、段階的に一定間隔で歯を少しずつ移動させていく画期的な透明の装置です。
又、適応症がありますので。全ての方にできるものではありません。

クリアアライナー/アクアライナー
装着感比較的良い
来院頻度2週間に1回
取り外し簡単
歯磨き今まで通りで可
適応一般的に前歯のみのプチ矯正
ホワイトニング今使用中のマウスピースを利用してできる

使用方法

透明のマウスピース(クリアアライナー/アクアライナー)を一日に20時間くらい装着します。
初回は「ソフトタイプ」→「ミディアムタイプ」→「ハードタイプ」の順で、慣れてきたら「ミディアムタイプ」→「ハードタイプ」の順で1週間~10日間で切り替えていきます。
概ね1ステップで0.5~1mmぐらい歯が移動していきます。次のステップもこの繰り返しです。
歯の不整の程度によってステップが異なりますが、一般的には4~6ステップの方が多いです。
又、矯正期間中は、ご自身の歯もマウスピースも特にブラッシング等で清潔に保ちましょう。

治療費概算について

基本料金:22万円(税込)
※初回のマウスピース制作料込み/2ステップ目よりステップごとに8,000円(税込)のマウスピース代を別途申し受けます。
症例・状態によってマウスピースの調整ステップが変わってきますので、使用したマウスピースの個数分の費用がプラスアルファでかかってきます。

適応症

  1. 第二大臼歯(12歳臼歯)が既に萌出しており、咬合関係に大きなズレがない方
  2. 前歯の比較的軽度な歯列不正
  3. 空隙(すき間、すきっ歯)のある歯列の閉鎖
  4. 矯正治療後の後戻りなど、比較的歯の移動の少ない症例

治療の進め方

STEP1 カウンセリング

要望等をお聞きします。

STEP2 精密検査と資料採取

STEP2 精密検査と資料採取

レントゲン写真と歯型の型採りをします。

STEP3 治療計画の説明

治療計画を説明いたします。費用や矯正期間の概算見積もりをお出しいたします。納得していただいた上で、矯正治療を開始いたします。

STEP4 マウスピース装置の装着開始

STEP4 マウスピース装置の装着開始

透明のマウスピース(クリアアライナー)を一日に20時間くらい装着します。
2週間ごとに新しいマウスピースに交換していきます。又、矯正期間中は、ご自身の歯もマウスピースも特にブラッシング等で清潔に保ちましょう。

STEP5 メインテナンス

矯正治療終了後の状態をキープするのが目的です。
矯正治療終了後は、3~4カ月に一度、後戻りがないかをチェックいたします。しばらく保定装置(リテーナー)を装着していただきます。
メインテナンスは、御希望によって決めていただきます。矯正終了後1~2年はメインテナンス期間です。

Q&A

1日何時間くらいマウスピースを装着すればよいのですか?
長ければ長い方が十分作用しますので、一般的、理想的には1日20時間くらいが好ましいでしょう。
しゃべりやすさはどうですか?
最初のころは、少し不慣れですのでしゃべりにくいですが、装置の厚みが0.5mmと薄いものなので、次第に慣れていきますので、ご安心ください。
矯正期間はどれくらいかかりますか?
軽度の歯列不正の方は、4~5回のマウスピースの交換で終了しますので2~3か月くらいです。
やや軽度の重い方で10回くらいのマウスピースの交換が必要ですので半年くらいです。一般的には6~7回といったところです。
痛みは出ますか?
痛みは非常に出にくいですが、最初の頃は装置によって異物感、違和感(圧迫感)が半日~終日あると思います。
マウスピースは使い捨てですか?
はい、使い捨てです。歯が動きますので、2週間ごとに型を採り新しいマウスピースに切り替えていきます。
又、マウスピースの内面にホワイトニング剤を入れて歯を白くするホワイトニングと同時に進行が可能という得策も備えています。
費用についてはどうなっていますか?
カウンセリングは無料です。基本料金として22万円(税込)を申し受けます。
※初回のマウスピース制作料込み/2ステップ目よりステップごとに1万円(税込)のマウスピース代を別途申し受けます。
その後治療に入りますが、症例・状態によってマウスピースの調整ステップが変わってきますので、使用したマウスピースの個数分の費用がプラスアルファでかかってきます。

TOPへ戻る